友達の話ですが妊活を頑張っていた頃薬

友達の話ですが、妊活を頑張っていた頃、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。
彼女が言うには体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全性が高いのではないでしょうか。
彼女は漢方を続けていたようです。
その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。
不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。
妊娠を望む家族の声や、本人の不安などが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、悪循環から抜け出せない人もいます。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。
特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。
他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合にはちょっとしたコツがあります。
葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱を通す必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。
もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が一番簡単だと言えますね。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという報告があります。
ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。