妊娠しづらい状況を改善するためには食生活から改め

妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも有効だと考えられます。
精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、不健全な食習慣の下では妊娠しやすい元気な卵子、精子は、期待できませんよね。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。
健康的な食生活を続けていくことが大事です。
不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。
卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。
しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが妊娠にも産後にも有効です。
また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが無難です。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。
妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。
彼女によると体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方だったら安心感があると思います。
漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリの話題が出ました。
ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。
葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと母から聞いたことがありましたから、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
友達には悲しんで欲しくないですし、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと応援しています。