妊娠を希望している方や計画されている方に

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普段の食事にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性にあるというケースもあるわけです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。
そのため、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は得てして不足しやすいという特徴があります。
普段の食生活ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。
こうしたサプリを選べば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。
では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。
葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠3か月までだと言われていますが、母体の健康維持を考える上でもとても大事な栄養成分ですから、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリメントであれば簡単に摂取できるという訳ですね。