妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ

妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。
胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと一日当たり0.4mgと発表されています。
野菜だけで補おうとすると難しいと思いますから、サプリを活用してみるのが良いと思います。
妊活中の女性に対して、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。
実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。
葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。
ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。
その中でも赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は忘れてはいけません。
ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。
サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単だと思いますから、ぜひサプリを活用してみてください。
妊娠しづらいように感じ始めたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。
たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意事項もありますから、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。