妊婦さんや妊活中の女性に一度は試して

妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。
こちらの会社が販売している葉酸サプリには幾つかの種類があります。
大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素がまとめられています。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。
なぜなら、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。
妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を注意してください。
第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。
タイミングを見計らって努力しても、一向に妊娠の兆候が見られなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。
病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。
しかし、そうではないのです。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。
なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。
料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
幸い、服用後2か月には下の子ができました。
費用や時間で悩んでいたのが嘘みたいです。